年代別レポート →  2018  |  2017  |  2016  |  2015

去る12月28日、暮れも差し迫ったこの日に、出羽海部屋にて餅つき大会が行われました。
後援会の皆様や地元有志の方々も参加してくださいました。親方衆も杵をついています。まさに「昔取った杵柄」ですね。
つき立てのやわらかいお餅は、鶏肉とごぼうのお雑煮に入れて美味しくいただきました。

本日12月12日(土)、出羽疾風と海龍の二人が横浜の幼稚園にお邪魔して餅つき大会に参加しました。
天候にも恵まれ、園児たちのご家族の方々とも触れ合うことができ、楽しいひと時を過ごすことができました。
この後、つきたてのお餅は、皆でおいしく頂きました。

九州場所が終了してのつかの間、地元の保育園に慰問に行ってまいりました。
今回の慰問は藤の海、藤の花の2人。園児たちの親御さんたちも参加する楽しい触れ合いのひと時となりました。
四股を踏む姿が様になっていますね。このちびっ子たちの中から、将来の関取が生まれるのでしょうね。

力士たちが着ているちゃんちゃんこは、「日本で最も美しい村連合」の一つである信州・南木曽町(なぎそまち)に昔から伝わる伝統的な防寒着です。 「なぎそねこ」と呼ばれる袖が無いこの掻巻は、南木曽の伝統工芸品の制作の際に手元が自由になるように背中だけを暖めるように作られています。 最近では、テレビ番組『ケンミンSHOW』で紹介されていましたね。
今回は御嶽海の地元の後援会の方から、このなぎそねこをプレゼントして頂きました。有難うございました。
真心のなぎそねこを着て、ぬくぬくの力士たちも笑顔です。

なぎそねこの詳細はこちら → 南木曽町観光協会公式ホームページ

11月22日、二週間の長きにわたる大相撲九州場所が無事に千秋楽をむかえました。
今回も九州出羽海後援会の方々にお集まりいただき、盛大な千秋楽祝賀会を開くことができました。

取組結果は以下のとおりです。
【勝越】
御嶽海:8-7 出羽疾風:4-3 海龍: 4-3 希帆ノ海:4-3 出羽鳳:5-2 豊後錦:4-3 瓦海:5-2 藤の海:5-2 出羽大海:5-2 大幸山:4-3
【負越】
久之虎::0勝0敗7休 碧の正:2-5 碧海浜:2-5 藤の花:2-5 出羽ノ城:2-5 出羽泉:3-4 吉村:3-4 服部:2-5

九州の皆様、真心の応援、真に有難うございました。来年に向けて、気持ちを新たに精進してまいります。

朝稽古の追加写真です。

九州出羽海部屋後援会、そして「ちゃんこ辰乃家」さん、貞松正巳さんのお三方から贈呈された幟が博多の青空に映えわたっています。
来る11月8日から開催される大相撲十一場所にむけて、さっそく博多入りした力士たちは、宿舎にて稽古に励んでいます。
今場所では、幕内に昇進した御嶽海をはじめ、十両への返り咲きを目指す出羽疾風他、力士・親方衆一丸となって頑張ってまいります。
福岡国際センターまで足をお運びなって、その雄姿を是非ご覧ください。

九月場所が明けての9月29日、茨城県笠間市は宍戸ヒルズカントリークラブにて後援会の皆さまとのゴルフコンペがとりおこなわれました。
晴天に恵まれたなかで、総勢50名にもなる参加者と共にゴルフを通して親睦を図ることができました。

2015年9月27日に、出羽海部屋恒例の九月場所千秋楽祝賀会が新宿京王プラザホテルにて行われました。
今回も多くの後援会・支援者の皆さまにお越しいただいたなかでの会となりました。
以下、取組結果です。
勝越し 御嶽海:12-3 海龍:4-3 久之虎:4-3 碧の正:4-3 希帆ノ海:4-3 豊後錦:4-3 碧海浜:4-3 藤の花:4-3 瓦海:4-3
    服部:4-3
負越し 出羽疾風:3-4 出羽鳳:3-4 出羽ノ城:2-5 藤の海:2-5 出羽泉:3-4 出羽大海:3-4 吉村:3-4 大幸山:2-5

本祝賀会も来賓の皆さまからの叱咤激励を受けることができ、来場所への大勝利に向けた意義ある会となりました。

行司の木村千鷲に出羽海会より、十両格昇進記念の装束が、後援会長より贈呈されました。鮮やかな緑色の地紋に『出羽海会』の四文字が見て取れる立派な装束となっています。
御披露目は九州場所からです。

季節のうえでは秋ですが、我が出羽海部屋の面々は9月7日に出羽海師匠のもと全員で、遅まきながら暑気払いに行ってまいりました。
ラム肉を贅沢に使ったジンギスカン鍋です。部屋の特製ちゃんこ鍋も良いのですが、たまには外に出て親方衆との語らいの場をもつのも良いものです。
この日を期に気持ちも新たにし、九月場所を全員で勝ち越せるよう頑張ってまいります。

先日の笹川夏合宿の折、福島県田村市の某企業様から部屋の皆にTシャツを寄贈して頂きました。有難うございます。
とても深みのある濃紺の地に白抜き文字で部屋名が記されています。
荀子曰く「青は藍より出でて藍より青し」と謳っています。このTシャツの藍のように、今よりも一歩でも師匠や親方に近づいていけるよう、日々精進して参ります。

先般お伝えしました『笹川夏合宿』が東庄町笹川にてもっか開催中です。 地元笹川の皆様の尽力もあり、今年で15回目を迎えるこの合宿は笹川での夏の風物詩となりました。
我が出羽海部屋の全力士が、次の九月場所での大躍進をかけて猛練習に励んでいます。また、この期に地元の皆様との交流に勤しみ、昨今の相撲ブームの底上げの力になればと思います。
笹川合宿は23日まで行われます。お近くにお立ち寄りの際は是非とも足をお運び下さい。
写真は16日に行われた『ファン感謝デー』の一環の様子です。

今日は出羽海部屋のみんなで『あつた蓬莱軒』さんに名古屋名物のひつまぶしを食べに来ました。
創業は明治六年、140年も守り続けてきた伝統のタレで食べる鰻は絶品!
一膳目は鰻の味を楽しみ、二膳目は薬味を加えます。そして三膳目はお茶漬けにして。一度で三通りの味を楽しめるひつまぶし。 鰻を食して精をつけて、名古屋場所を大勝利でおさめたいものです。
美味しいものを食べて、力士のみんなは良い笑顔をしていますね。

『あつた蓬莱軒』http://www.houraiken.com/

7月4日、名古屋場所前恒例の滋賀県東近江市内の小学校へ、相撲指導に伺いました。
湖東第三小の元教員が県相撲連盟の役員だったことがきっかけとなり、40年前から出羽海部屋との交流がはじまりました。湖東第三小での相撲大会は、有り難いことに40年前から一度も休まずに行われています。
今年は高崎親方、御嶽海、碧の正の3人が参加。全児童約230人との取組を楽しく行いました。

5月26日、出羽海部屋のゴルフコンペでした。出羽海部屋後援会の多くの方々の参加もあり、また晴天に恵まれて気持ち良い汗をかきました!
次回九月場所後の火曜日を予定しております!皆様の参加をお待ちしております!

2015年5月24日、二週間にわたる激闘の末に迎えた本日の千秋楽。出羽海部屋の力士は、勝ち越し11名、負け越し8名という結果でした。
そして本日も恒例の千秋楽祝賀会が多くの後援会の方々に見守られながら京王プラザホテルにて執り行なわれました。
会の最後は後援会幹事の音頭による三本締めにて、次の名古屋場所での大躍進を祈念しました。

今日は太鼓の日 明日から本場所が始まるという意味で、呼び出し連中が贔屓筋や街中を太鼓を叩きながら練り歩く【触れ太鼓】ともいいます。
江戸時代には、現代のようにテレビやラジオ、インターネット等が無く、相撲興行を宣伝する術が無かった為に、触れ太鼓で街中を廻る事が由来となっています。
「相撲は明日が初日じゃぞぇ〜♪」
いよいよです。気が引き締まります。

4月26日、出羽海部屋がお世話になってる、老人ホームに慰問に行きました。高崎親方、藤の海、藤の花、出羽ノ城の4人がネクサスコート練馬を訪れると入居者から拍手でお出迎え。いつも大歓迎で迎えてくれます。子供が飛び入り参加してお爺ちゃんお婆ちゃんも大盛り上がり。楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
お爺ちゃん、お婆ちゃん、いつまでもお元気で。

4月20日、ひたちなか市において東日本大震災による被災地慰問のために、横綱土俵入りを行いました。唄やトークショーなど巡業とは違う趣向で3000人の方々を招待して楽しい時間でした。

4月10日、ラクロスのオーストラリア代表選手が稽古見学に来られました。 さすがスポーツ選手だけあり、マナーが良く、終始行儀よく見学しておられました。
最後はお相撲さんと記念撮影、パチリ。

3月30日に、阪神淡路大震災20年として、横綱大関陣らが神戸市で献花をおこないました。また、この日のために作られた相撲甚句を披露する一幕も。
その後、神戸市久元喜造市長への表敬訪問なども。

日本相撲協会が認定する初代横綱の明石志賀之助の石碑が宇都宮駅に鎮座ましましております。
明石志賀之助は、相撲の基本とされる四十八手を考案した人物といわれています。 文献によると身長は八尺三寸(約251.5cm)、大男ですね。 10月9日(木)には宇都宮巡業が開催されます。栃木県の皆様、お楽しみに!

15日間にわたる戦いを終え、なんばスイスホテル南海にて千秋楽パーティーが執り行われました。 出羽疾風の幕下全勝優勝、御嶽海のデビュー戦にして6勝という快挙、藤の海の怪我からの復活の6勝など、三月場所での台風の目となった出羽海部屋に、千秋楽パーティーも大いに盛り上がりをみせました。

大阪出羽海会(後援会)の代表の皆様が大阪宿舎に来てくださいました。 力士たちのもてなしにより、ちゃんこ鍋に舌鼓。

浦安市明海幼稚園への慰問。高崎親方以下、4名の力士と子どもたちとのふれあい。
キッズたちをはじめ、お母さんがたや先生たちと出羽海部屋との交流は回を重ね、今回で5回目となりました。 相撲を通じての社会貢献と事故の成長を目指して参ります。 これからも多くの皆様とのふれあいを大事にしていきたいと思います。

PAGE TOP